Illustrator入稿ガイド

 Illustrator入稿ガイド

Illustratorでのデータ作成のポイントと注意点です。

Illustratorで作成時のポイント・注意点

ポイント1 作成サイズについて

ご注文になる商品サイズと等倍(拡大・縮小が必要ないサイズ)でデータを作成してください。
※是非、テンプレートをダウンロードしてご利用ください。

ポイント2 塗り足しについて

フチいっぱいまで絵柄や文字がある場合は、仕上がりサイズの外側に+1.5mmずつの「塗り足し」を作成してください。

※断裁時の誤差による見切れや、意図しない白場(下地の紙の色)が入るのを防ぐためです。
※2つ折りサイズの塗り足しは、四方+3mmずつとなります。

ポイント3 トンボについて

トンボ(トリムマーク)は必要ありません。
仕上がりサイズが分かる枠線を作成してください。

ポイント4 アウトライン化について

テキストは全てアウトライン化してご入稿ください。

テキストはアウトライン化(アウトラインを作成)します。

ポイント5 配置画像の解像度について

画像を配置する場合は、原寸サイズで300dpi以上の画像を配置してください。

ポイント6 埋め込み配置する場合

画像を埋め込みで配置する場合は、解像度を適正値にして埋め込みください。
※サイズが大きすぎる画像や、解像度が無駄に高すぎる画像を埋め込むと、エラーの原因になります。

埋め込み配置する印刷用の画像は、解像度を適正値(300dpi~350dpiが推奨)にしてください。

ポイント7 リンクで配置する場合

画像をリンクで配置する場合は、必ず同階層にリンク画像ファイルを入れてご入稿ください。
※階層が異なると、入稿後に弊社でリンク切れ等が発生し正常に表示できません。

画像などをリンク配置する場合は、必ずリンク画像を「同階層」に入れて一緒に入稿します。

ポイント8 カラーモードについて

カラーモードは「CMYK」で作成してください。RGBや特色印刷は出来ません。
RGB・特色の設定がある場合は、弊社でCMYKで表現できる近似値に変換して印刷いたします。

ポイント9 モノクロデータについて

モノクロ印刷用のデータは、必ずグレースケール(=黒の濃淡のみ)で作成してください。
※データにCMYKが混ざっていた場合、意図しない色になる恐れや、確認のために納期が延びる可能性もあります。

グレースケールは、黒(K)1色のみ、濃淡で色を表現するカラーモードです。

ポイント10 線の色設定について

線を設定されている場合、「塗り」ではなく「線」に色を設定してください。
※線のオブジェクトで「塗り」にのみ色を設定すると、画面上では色が見えても、印刷では色が出ない場合があります。

線のオブジェクトの色は、必ず「線」に設定すること。
線のオブジェクトで「塗り」に色を設定すると、モニターでは見えても印刷で出ないことがあります。
ポイント11 極細線(ヘアライン)について

線の太さは、0.3pt以上を推奨しています。

IIlustratorでデータ作成・入稿の方法と注意点のまとめ画像です。

Illustrator(ai形式)のテンプレートをダウンロード

ファイルはZIP圧縮形式で圧縮しています。解凍してお使いください。