データ作成時の基礎注意点

印刷物のデータ作成時の基本的な注意点と大事なポイントです。

見切れ・文字切れ(フチギリギリの配置)について

印刷、カット時は必ず誤差が出て、上下左右にランダムにズレが生じます。
そのため、データ作成時は、次の点にご注意ください。

文字を配置する場合、周囲から2mm以上離して配置してください。

フチギリギリに文字を配置すると、印刷カット時の誤差で、文字が欠けたり、絵柄が切れたりする場合があります。
それを防ぐには、周囲のフチから2mm以上離して配置していただく必要があります。

※弊社テンプレートでは、文字の配置する範囲がわかるように、緑の点線の枠で表示していますのでご活用ください。

フチギリギリ配置した文字が切れる。
ご注意

塗り足し付きサイズの場合は、データの端から3.5mm以上内側、2つ折りサイズの場合はデータの端から5mm以上内側に文字を配置してください。

文字を内側に配置することで、文字切れを防ぐことができます。

枠デザインについて

印刷カット時の誤差で上下左右にランダムに若干のズレが生じます。
そのためデータ作成時はご注意ください。

フチの細い枠はズレが目立ちますので3mm幅以上の枠をオススメします
仕上位置付近の枠線は切れますので余白を追加することをオススメします

印刷カット時の誤差が大きく、仕上がりの際に、1mm前後のズレが出る場合があります。
そのため、フチ部分に細いワクや帯のデザインでズレが目立つ場合がございます。

細いワクがあるデザインにすると、断裁時のズレが目立ちます。
細い枠だと断裁ズレが目立つ!

幅の細い枠仕上がり位置付近に枠のあるデザインの場合、少しのズレでも均等に見えなかったり枠が見切れてしまいます。

仕上がり位置から内側に2mm幅の枠がある場合

仕上がり位置から内側2mm幅の枠がある場合

枠の幅を3mm以上でデザインで作成いただくとズレが目立ちにくくなります。

枠幅を太くすることで、目立ちにくくなります。

仕上がり位置から内側2mmの位置に枠線がある場合

仕上がり位置から内側2mmの位置に枠線がある場合

仕上がり位置より3mm以上内側に枠を配置いただくとズレが目立ちにくくなります。または枠なしのデザインに変更する方法もございます。

余白を追加することで、 ズレが目立ちにくくなります。

枠なしのデザインに変更する

仕上がり位置に枠線がある場合

仕上がり位置に枠線がある場合

仕上がり位置より3mm以上内側に枠を配置いただくとズレが目立ちにくくなります。または枠なしのデザインに変更する方法もございます。

余白を追加することで、 ズレが目立ちにくくなります。

枠なしのデザインに変更する

塗り足しについて

フチいっぱいまで絵柄や文字がある場合は、仕上がりサイズの外側に+1.5mmずつの「塗り足し」を作成してください。

※断裁時の誤差による見切れや、意図しない白場(下地の紙の色)が入るのを防ぐためです。
※2つ折りサイズの塗り足しは、四方+3mmずつとなります。

塗り足しイラレ
スクロールできます
ご注文商品仕上がりサイズ塗り足し付きサイズ
標準サイズ
白インク名刺
91mm✕55mm94mm✕58mm
クレジットカードサイズ85mm✕54mm88mm✕57mm
欧米サイズ89mm✕51mm92mm✕54mm
2つ折りサイズ 横長(L)182mm✕55mm188mm✕61mm
2つ折りサイズ 横長(S)170mm✕54mm176mm✕60mm
2つ折りサイズ 縦長(L)91mm✕110mm97mm✕116mm
2つ折りサイズ 縦長(S)85mm✕106mm91mm✕112mm

カラーモード(RGBとCMYK)について

弊社のカラー印刷は、4色フルカラー印刷となります

ご入稿データはカラーモードを「CMYK」に設定してデータを作成してください。
ですが、色形式を変更できないソフトをご使用の場合は、「RGB」のままでご入稿いただいても印刷可能です。
ただし、印刷する際には「CMYK」で出力されます。

「RGB」データでご入稿時の注意点

RGB」がモニタやデジカメ写真データなどでよく使われる色形式です。
「CMYK」(4色フルカラー印刷)では、蛍光色や発色の良い鮮やかな色が表現できません。
そのため、「CMYK」で表現できない「RGB」鮮やか色は近似値に変換されるため、元の色よりくすんだ暗めの色合いとなります。
予めご了承ください。

※上図は参考デザインです。データによって色調の変化は様々ですのでご注意ください。

QRコードのサイズについて

QRコードの推奨サイズは15mm×15mm以上となります

名刺に印刷するQRコードの推奨サイズは、15mmx15mm以上となります。
それ以下の場合は、読み取りづらくなったり、読み込めなくなりますのでご注意ください。

ご入稿前に必ずご確認ください

  • ご入稿前に、プリント出力紙などで読み取りのご確認をお願いします。
  • QRコードが画像の場合は、等倍サイズで350dpi以下でご入稿ください。